ブログ

Go To 松阪キャンペーン #コロナ対策 #GO TO トラベル

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

さて、いよいよ国が、#Go To トラベルを始める日が近づいてきました。

 

 

これは、

コロナ感染症で旅行自粛が広がる中、

大打撃を受けた観光業界をみんなでサポートしよう!という政策。

 

国内旅行を対象に、

宿泊旅行は一人一泊あたり2万円。

日帰り旅行は1万円を上限に支援されます。

 

三重県は、

観光県でもあるので、

さらにそれに上乗せして、

#みえ旅プレミアム商品券 がスタート。

「三重県民」を対象にした県内宿泊割引で、

宿泊代が一人一泊最大15,000円支援されます。

 

が、しかし、

東京を中心に、

第二波がやってきたため、

当初の予定よりも時期を遅らせたり、

あるいは、

支援の条件を厳しくしたりして、

経済活性化と感染症対策の両立を図ろうとしているところです(2020/7/17現在)。

 

さて、そんな中、

観光地としての知名度もある松阪市は、

何か特別な対策をたてているのか、調べてみたところ、

 

#Go To 松阪キャンペーン がありました。

 

その名も「きてきて松阪 観光キャンペーン」。

 

松阪市を訪れた人に抽選クジを配り、

市の特産品、総額1000万円分(1万人を想定)というもの。

 

令和2年度6月補正予算に、

13,964,000円が計上されています。

 

期間は、令和2年10月1日~11月30日(予定)。

 

松阪市は、平成30年度、

266万人の観光客がおとずれています。

 

三重県の調べでは、

令和元年、県全体の観光消費額は、5,564億円。

宿泊客の平均利用総額は、約26,000円。

日帰り客は、約5,400円。

 

地域活性化か?

コロナ感染症対策か?

 

苦しい選択を迫られています。

 

みえ旅プレミアム商品券についてはこちら→みえ旅プレミアム商品券

国のGo To トラベル事業はこちら→GO TO トラベル