ブログ

どうなる?松阪市民病院 地域医療構想とコロナ感染症の矛盾

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

松阪市民病院が、松阪市で唯一の感染症指定医療機関であることをご存知ですか?

もともとは結核病棟に始まり、

今も2床が感染症の治療のためにあてられています。

 

しかし、現在進められている市民病院の機能転換計画では、

高度急性期・急性期病棟がなくなり、

回復期に特化した病院になるため、

感染症医療機関の指定が受けられなくなります。

 

コロナ感染症の蔓延で、

地域医療の中核を担う公立病院の存在意義は、

ますます高まっているはず。

 

コロナ以前にたてられた地域医療構想は、

いったん白紙に戻し、

本当に松阪市民病院を地域包括ケア病院に機能転換していいのかどうか、

市民とともに計画を練り直すべきではないでしょうか。