ブログ

大学誘致調査に250万円 #松阪市 #当初予算 #経営企画課

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

松阪市は、令和2年度当初予算に、

大学誘致等基礎調査事業費用 250万円を計上、

県内・県外の高校生3000人にアンケート調査を行い、

「どんな大学があったら松阪市に残る(来る)か?」を高校生に聞くそうです。

 

調査は外部委託。

公募型プロポーザルで現在審査中。詳しくはこちら→大学等誘致基礎調査業務委託について公募型プロポーザルを行うので公告します。

 

令和2年7月15日に申請を締め切り、

その後、プレゼンテーションを経て業者を決定。

業務委託契約締結は8月中旬、

契約期間は令和3年2月26日までなので、

今年度中に調査結果をまとめ、

その後どうするかを検討するとのこと。

 

松阪市にはかつて松阪大学(その後、三重中京大学に校名変更)があり、

若者でにぎわっていました。

大学があることで、

市の審議会などの委員の先生としてご活躍いただいたり、

大学生のアパートがたくさん並び、

飲食店ではたくさんの大学生アルバイトが働いていました。

 

現在、学生アパートは、

おもに外国人労働者の方が住む社宅に様変わりしています。

 

大学誘致でまちおこし、

そんな視点もあるかもしれない。

ですが、

大学は、単なる就職活動の受け皿ではなく、

小・中・高との連携があり、

長い視点で人を育てていくという視点があれば、

人づくりの可能性は無限大。

少子化で全国の大学が大量に淘汰されていくことが確実視され、

新規参入のハードルは相当高い今、

松阪市は公立大学設立も視野にいれているようです。