ブログ

#コロナ対策 松阪市に三重県で4か所目のPCR検査センター開設決定!

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

令和2年度6月補正予算に、

PCR検査センター事業費として、

25,887,000円が計上されています。

 

7月9日に議決され、

7月10日に検査センター開設。予約受付開始。

7月16日より検査開始予定。

 

三重県では4か所目のPCR検査センターは、

ウォークスルー方式。

これまで開設された3か所のセンターはドライブスルー方式でした。

 

ウォークスルー方式の利点は、

検査する医療従事者が、

検査を受ける人と接触することなく検査することができるところ。

 

文化シャッター社がPCR検査ブースを開発しています。(松阪市がこの方式を採用するかどうかはまだ不明)

文化シャッター PCR検査ブース

 

検査数は、

週2日で、一日1時間(午後)。

一日あたり5人までなので、

一週間に最大で10人。

少なく感じますが、

今のところ県内の感染は落ち着いているので、

この程度でいいのではないかとのこと。

 

検査の流れは、

まず、かかりつけ医を受診。

新型コロナウイルスの疑いがあると医師が判断した場合、

県保健所に連絡し、

PCR検査センターの予約を入れる。

 

あくまで、

医療機関の負担軽減と、

感染防止が目的であるので、

 

「コロナかどうか調べてほしい」

という不安を払拭してもらうための機関ではないとのこと。

 

検査センターは、

プレハブが3棟建てられる予定。

場所が特定されると、

うわさにつながるとの懸念から、

設置場所は非公表。

 

第二波が心配される今、

新生活様式に慣れていくことが必要だと思います。