ブログ

近鉄桔梗が丘駅人身事故で足止め2時間の間にあった二つの出来事

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

2020年3月15日16時15分、近鉄桔梗が丘駅構内で人身事故が発生し、

2時間にわたり電車の運行がストップ、

たくさんの乗客が名張駅ホームで寒風吹きすさぶ中、

震えながら電車の再開を待つということがありました。

私は、ちょうど16時15分に京都方面からの電車で大和八木駅に到着、

ホームの電光掲示板で人身事故のことを知りました。

16時30分大和八木駅初伊勢中川駅行の急行に乗車、

しかし、車内でこの電車が「名張行」に変更。

17時に名張駅に到着した電車はそのまま車庫行きになりましたので、

乗客は全員下車。

その後も、急行、特急、さまざまな電車が立て続けに到着、

すべての乗客が狭いホームにおろされていきます。

昼間はよく晴れていい天気だったけれど、

だんだん寒くなり、

軽装だった乗客は、みんな震えていました。

そうこうするうち、

運行開始したばかりの特急「ひのとり」がやってきて、

ホームは騒然。

手持無沙汰だった乗客は、みんなにわか鉄道ファンと化し、

写真を撮りまくります。

 

 

 

かっこいい~

 

外から見ただけで、中がものすごくゴージャスだということはわかる。

乗ってみたいわ~

 

コロナにもかかわらず、「ひのとり」大人気で、

抽選にもれた方は今回乗車チャンスがなかったんだとか。

 

実は、「ひのとり」も最初は車庫行きが決まっていたので、

乗客は全員いったん降ろされたのですが、

途中で、「やっぱり名古屋まで運行する」ことになり、

乗客のみなさんは車内へ。

「ひのとり」は60分遅れで出発。

駅で足止め食らうことは仕方がないからあきらめもつくけど、

寒い中、ホームに放り出されたことがつらかったので、

たとえ立っていてもいいから、

車内に入れてほしかったなあ。

 

私は、一番最初に駅についたグループなので、

長時間寒風にさらされ、

とにかく体が冷えてどうしようもないので、

途中で改札の駅員さんに頼んで、

外へ。

駅前のコンビニで休憩できるかなと思ったんだけど、

イートインのスペースがなく、

あきらめて外に出たら、

隣の和菓子屋のお姉さんが店の前に出て、

駅の方を見ていらっしゃった。

「電車止まっちゃったんですよ~。ホーム寒くてあったかい飲みのも欲しいと思って出てきたんです~」という話をしたら、

「うちのお店の中で休んでもらっていいですよ」

とお声がけいただき、

店内へ。

お茶と和菓子のセットどうですかと言っていただいたので、

お願いしたら、

和菓子屋さんで売っているお菓子をいろいろ盛り合わせてくれて。

おまんじゅうをあげた「あげまんじゅう」がものすごくおいしくて感動。

「売ってもらえませんか」とおたずねしたら、

「お家であげてください」と言われたので(そらそうだ、あげたてがおいしいわけだから)、

あんこがあっさりしていてとてもおいしいあんまきをひと箱おみやげに購入。

昭和5年創業、名張名物「なばり饅頭」の賛急屋さん→https://sankyuya.jp/info/

ほんの少しの時間だけど、

ものすごく心あたたまるおもてなしをいただき、うれしかったので、

和菓子セットとおみやげのあんまきを、

カード支払いで購入(この日は財布を忘れて現金がなかった)。

足止め食らっちゃったのは残念だけど、

いいお店を発見できたからいいや~という、とてもポジティブな気持ちになりました。

18時30分ころから、徐々に電車が動き出していたのですが、

実は、18時からどしゃぶりの雨+みぞれが降り出し、

傘を持っていなかったので、

小ぶりになるまで雨宿り、

18時50分に駅ホームに戻りました。

1番ホームには青山町行の急行がいたのですが、

松阪まで帰りたいというと、

駅員さんが、

ちょうど2番ホームに入ってきた鳥羽行特急に乗ってくださいと言ってくださったので、

お言葉に甘えて乗車。

2時間ぶりに電車に乗れてめちゃくちゃほっとした。

 

と思ったのもつかの間、

電車が出るやいなや、車掌さんが検札に来た。

当然、特急券は持っていない。

名張駅から乗ってくださいと言われましたと言っても関係ないらしく、

とにかく払ってくださいとそっけない。

この日、私は現金を持っていなくて(だから和菓子もカードで払った)、

カード払いはダメですかとお尋ねすると「ダメ」。

でも、本当に現金ないんだよね~

どうしましょう~と言ったら、

 

「次の駅で降りてください」

 

え?

え?

おろすの?

降車駅でカード支払いとかダメ?

 

ということで、

やっと乗った特急を、

途中で降ろされました!!!!!(ちょっと信じられない気持ち。疲れが倍増)

 

無賃乗車するつもりでは全然なくて、

急なことで、

現金ないってこと、あるんじゃない?

車内で特急券買う時に、

カードとかキャッシュレスに対応してくれないと困っちゃうよ~

 

・・・ということで、

足止め食らったおかげで、

すごくいいお店を知れてほっこりした一方で、

「二時間寒い中電車の再開を待っていた乗客に対して規則どおりの対応とはいえ冷たすぎるんじゃないの?」

という経験をもしたので、プラマイゼロかな~

 

とりあえず、

キャッシュレスの世の中とはいえ、

現金は持ってないと浮世は冷たいよねというのが結論です。

 

ちなみに、人身事故は、男女二人が駅のホームから特急に飛び込んだそうです。

二人だったから、

普通なら1時間で終わる警察の現場検証が、

倍の2時間かかったのね。

つらいなあ~

今まで、何度も人身事故の電車に乗っていたことがあるけど、

1月から3月の時期がとても多い。

つらいことが多い時期なんだ。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

そして、

近鉄のみなさん、本当に大変だったと思います。

いつも事故の後、迅速に対応していただき、ありがとうございます。

今回はちょっと残念だったけど、

でも、安全第一で乗せていただいていること自体にいつも本当に感謝していますから、

これからもよろしくお願いします。