ブログ

地方議会は年4回しか開かれない。閉会中はどうするの?

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

安倍首相が、臨時国会の早期召集に応じずというニュースが流れております。

そもそも、なぜ、国会は閉会するの?

閉会中、議員は立法できないの?

そんな疑問がわき、

地方議会はどうなっているのか調べてみました。

 

地方議会は、年4回定例会を開かれるところが多い。

法改正があり、通年議会を開いてもいいことにはなっているものの、

通年議会制をとりいれている地方自治体はあまりない。

必要な場合は、「臨時会」を開くことができるので、

松阪市議会もコロナ関係の審議のため、

5月に臨時会を開会。

 

議会が開かれている日数だけを数えると、

地方議会は、閉会中の日数の方が圧倒的に多い。

そのため、「議員の報酬は高すぎる」

という批判をされることも。

 

国会は、国権の最高機関であり、

唯一の立法機関。

一方、地方議会は、地方公共団体の最高機関ではない。

 

首長(=市長など)も議員も、どちらも選挙で選ばれているので、

住民の代表として対等な関係。

つまり、首長は、規則の制定、改廃権など、絶大な権力を有しているので、

ひょっとしたら、首相よりも自分のやりたいことができるかも?

 

東京都の小池知事や、大阪府の吉村知事が元気なのは、

そのためかもしれません。