ブログ

#コロナ対策 布マスク VS 紙マスク どっちが多いの? 調査してみた

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

コロナ対策として、マスクが手放せない毎日。

2月末時点ですでに、マスクは手に入りにくくなっていましたが、

みなさん、どうやって手に入れていらっしゃるのでしょうか、

マスクをつけていらっしゃらない方はほとんどお見掛けしません。

 

マスクは足りているのでしょうか?

 

自粛が始まって以降、

マスクを手作りする人が身の回りでも増えてまいりまして、

私も、

紙マスクのストックがなくなった4月初めから、

ずっと布マスクを使っています。

 

世間のみなさまはどうなんだろう?

 

マスクが足りない、足りないというけれども、

布マスクを販売していらっしゃる方は、

最近、売れ行きが落ちたと言うし、

 

布マスクと紙マスクとどっちが多いの?

 

カウンターを握りしめ、

まちへ出て調査してまいりました。

 

調査結果は、

動画をご覧ください。

【布マスク vs 紙マスク どっちが多い?】

 

調査日 : 2020/5/27

調査場所 : 三重県松阪市 ①第三小学校正門前 ②松阪駅JR側改札 ③マックスバリュー川井町店前 ④松阪市役所1階 ⑤コスモス松阪川井町店前

調査方法 : ①使い捨て紙マスク ②洗って使える布マスク の二種類に分けてカウンターで計測。

結果 : 総サンプル数 695

     ①使い捨て紙マスク 546(78.6%)
     ②洗って使える布マスク 149(21.4%)

感想 : 小学生は手作り布マスクが半数くらい。
     制服を着た高校生や、スーツ姿の男性はほぼ100%白の不織布マスク。
     布マスクは、子ども・主婦・高齢の方に多い。

     マスクをしていない人も急増中。
     公園で遊んでいる中学生は誰もマスクしていない。
     運転中のドライバーは、同乗者がいなければマスクしていない人が多い。