ブログ

松阪市のコロナ補正予算170億円の中身とは?

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

松阪さつき政治塾 WEB講座 2020/5/1のタイトルは、

「松阪市のコロナ補正予算 170億円」。

令和2年5月7日(木)午前10時より、

松阪市議会臨時会が開催され、

コロナ対策として、

170億円が追加される予定。

 

<歳入>

  • 国庫支出金166億円
    これは国民一人当たり10万円配るために、国からもらうお金で、
    @10万円×松阪市の人口16万人=約160億円。
  • 財政調整基金繰入金4億円
    松阪市には現在、83億4000万円の財政調整基金がありますが、
    それを4億円取り崩すために臨時議会を招集。

<歳出>

  • 特別定額給付金164億円
    国の施策で国民一人当たり10万円配る事業。すべて国庫支出金でまかなうため、松阪市の負担はない。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金交付事業費3億円
    三重県は、県の要請に応じて休業あるいは営業時間短縮する事業所に50万円支給を決定。
    その半額の25万円は、市町が負担。松阪市は3億円計上していますので、1200事業所が申請すると見込んでいる模様。
    @25万円×1200事業所=3億円 

<松阪市独自の施策>

  • テイクアウト支援商品券
    事業費 8,150万円。
    1世帯あたり商品券1,000円分支給。
    登録店でテイクアウトする時、1000円以上購入で500円券1枚使用。
  • 帰省を控えた学生さんにふるさと松阪からのお便り事業
    事業費 1,300万円。
    県外に居住する松阪市出身の学生に、特産品の詰め合わせ5,000円分を贈る。松阪牛のしぐれ煮・松阪産コシヒカリ・松阪茶。
    保護者が申請する。

 

次回の松阪さつき政治塾WEB講座では、引き続き松阪市のコロナ対策についてレポートする予定。

みなさま、とにかく、体調をくずされませんようにおすごしください。

海住さつき