ブログ

#白猪山風力発電 はどうなっているのか?

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

松阪市の白猪山に風力発電を作る計画があり、

1年前には反対の署名運動が行われたり、

勉強会が開かれたりしていました。

しかし、業者の動きがパタッと止んで、

市民の方から「もう、業者はあきらめたのか?」というお声も聞こえ始めていたのですが、

最近、各地で業者の説明会が開かれたり、

自治会や住民に直接働きかける動きが出て、

「風力の話は、なしになったわけではなかったのだ」ということが判明。

許可を出す県に直接、お話を聞きにいってきました。

 

まとめると、

業者から、まだ「環境影響評価書」が出されたわけではないので、

林地開発許可等は出ていないとのこと。

「準備書」の段階で、

「地元住民にていねいな説明をすること」という知事意見が出されたこともあり、

おそらく、それに対する「回答」として、

住民説明会を行っているのだろうというのが、

県の見解でした。

 

もし、評価書が提出されたら、

一か月間、誰でも自由に閲覧できるよう、

縦覧されます。

その時には、

新聞公告が出るほか、

県のホームページでもお知らせがされます。

県のホームページはこちら→http://www.pref.mie.lg.jp/eco/assess/000126355.htm

 

ただ、評価書を見ることはできますが、

それに対して、

住民が意見を言ったり、書き込んだりすることはできないので、

もしも、その段階まで進んでしまったら、

風力発電はほぼ、建設されることが決定します。

 

国の買い取り価格は、

太陽光に関しては、

かなり減額されましたが、

風力に関しては、今までの価格が維持されているので、

業者としては、

引き続き、強気に建設をすすめるつもりだろうと思われるとのことです。

 

唯一、風力発電建設を阻止できる方法は、

「市有地」の使用許可を、松阪市長が出さないということのみ。

 

松阪市 海住さつき