ブログ

松阪三珍花 松阪菊 咲き分け「源平咲き」をご存知ですか?

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

松阪三珍花は、

松阪が発祥の地である「松阪撫子・松阪花菖蒲・松阪菊」の3つ。

 

11月に豪商ポケットパークで、

松阪三珍花保存会による「松阪菊展」が開かれました。

出品された菊は、すべて、保存会会員のみなさまが丹精込めて育てた菊たち。

私も出展してはどうかとお誘いいただきましたが、

今年は諸般の事情により、

夏に枯らしてしまったので、出展はなし。

 

さて、展示されている菊を拝見していたところ、

すごく珍しい菊を発見。

これは同じ株なのですが、

赤い花と白い花が咲いています。

こういう種類を、

「咲き分け」と言うんだそうです。

赤と白だから、「源平咲き」とも言う。

赤と黄色の咲き分けもあった。

 

咲き分けを育てたいなあ~と思って、

株分けしても、

来年、きれいに咲き分けが出るかどうかはわからないそうで、

遺伝子の不思議を感じました。

 

来年は、

ぜひ、「咲き分け」を株分けしていただいて、

きれいに咲き分けるかどうか楽しみに育てたいと思います。

 

松阪花菖蒲は、

鈴の森公園の一角に植えられています。

冬は葉が枯れてしまうので、目立ちませんが、

春から緑の葉っぱが元気に出てくるので、

ぜひ、楽しみにしてください。

 

海住さつき