ブログ

日航ジャンボ機墜落墜落事故から34年 あの日、私は山がオレンジ色に染まるのを見た

こんにちは。松阪市の海住さつきです。

日航ジャンボ機墜落事故から34年。

あの日、私は、あの山がオレンジ色に染まるのを見た。

 

大学の夏休みを利用して、一か月、長野県川上村のレタス畑で住み込みのアルバイトをしていた。

レタス農家の夏は、まさに戦場。

毎日、農協が、翌日のレタス出荷数を決め、それを、各レタス農家に振り分ける。

農家の人は、畑に向かってアナウンスされる内容を聞きながら、

「明日の朝は何時に起きればいいか」

を逆算する。

出荷数が多い時は、朝1時起き。

少ない時でも、3時起きとか。

当時の私は、やせっぽちで(体重が40キロそこそこ)見るからに体力がなかったため、

せっかくアルバイトを雇ったのに、

農家の人が「あんたは、畑に出なくていいから、家のことを全部やってほしい」

と言ってくれたので、

家族全員が深夜に起きてレタス畑へ行った後、

ひとりゆっくり5時に起きて、

6時から家事を始めるのが日課だった。

 

掃除、洗濯、料理が主で、

特に、深夜から仕事をして、出荷を終えた後、

家族はくたくたになって帰ってくるので、

それに合わせて、

力のつく朝食を準備するのは最も重要な任務とされた。

 

畑で採れたレタス、トマト、トウモロコシなどは食べ放題。

ご飯を炊いて、

味噌汁、卵焼きなど、家族のリクエストに応えていろいろ作っていた。

 

日航機が墜落したあの日、

夕方、畑で、「山がオレンジ色に染まっている」と言う人がいたので、

みんなで見た。

「火事だろう」ということになり、

住み込んでいた農家の長男が消防団員だったので、

消防の服に着替えて「様子みてくる」と出て行った。

その時点では、日本中の誰もまだ、飛行機が落ちたなんて知らなかったから、

のん気にしていたけど、

だんだんとニュースが入ってくるようになり、

「でょっと出てくる」と言ったきり、音信不通になり、帰って来ない長男を心配したお母さんが、

テレビの前から動かなくなった。

たしか、三日間帰らず、捜索活動から一時帰宅した時には、

げっそりしていたけど、

近所の人たちがみんな話を聞きに来たので、一生懸命、説明してくれたことを覚えている。

 

いつもは新聞を読まない家族が、

いっぱい新聞を買ってきて、くまなく読んでいた。

 

レタス畑は繁忙期だったので、

そのうち、出荷作業も元に戻ったはずだけど、

人生初の農家でのアルバイトに、

ジャンボ機墜落事故が重なり、

衝撃の夏だった。

 

アルバイト代は、

全額を貯めて、

その年の冬、イギリスへ留学する費用にした。

 

あの夏、

レタス農家でアルバイトをしなければ、

歴史に残る日航機墜落事故を間近で見ることはなかっただろうし、

アルバイト代を全部貯金して留学にあてることもなかっただろう。

 

人生を変える事故・災害との一回目の出会いだった。

(二回目は阪神淡路大震災。三回目は東日本大震災)

毎年、この時期になると、

あの日のオレンジ色に染まった空を思い出す。

 

命の尊さ、はかなさをかみしめながら、

祈りをささげたいと思う。