ブログ

映画「こんな夜更けにバナナかよ」

こんにちは。松阪市の海住さつきです。

今日は、朝からJRに乗って、11月にオープンした「イオン津南」へ。

駅員無人の高茶屋駅が、信じられないくらい人でごった返しており、

3人の駅員さんが出張してきていて、

車掌さんが持っている車内券売機の端末を持って、

切符を売りまくっていました。

 

いっそのこと、駅員さん常駐したほうがいいのでは・・・?

 

目的は、映画「こんな夜更けにバナナかよ」。

 

原作は、

筋ジストロフィー患者である主人公の鹿野が、

ボランティアに対して、横暴ともいえるほどわがままに接する様子が描かれており、

福祉現場でボランティアとして働く人に衝撃を与えた名著。

それがついに!映画になったんだ!

 

感想 : もう一度みたい。後からじわじわくる。

 

人が人を助ける、支えるというのは、

決して、片側通行ではないとガツン!と教えてくれる映画。

人と人とのかかわりというのは、

誰かが誰かの犠牲になるとか、

誰かが誰かに振り回されるという構図がつきものだけど、

そういう表面的な役割分担に惑わされてはいけない。

一番大事なのは、

エネルギーのぶつかり合いだということ。

 

人は、誰かとぶつかることで、

エネルギーを与えたり、与えられたりしている、

そして、その中で、

成長していくんだということが、

ストンと落ちる、

そんな映画です。