ブログ

海住さつきの政策【教育】(2)優等生ほど「生きる力」がないという矛盾

こんにちは。海住さつきです。

 

まじめな優等生より、先生に怒られてばかりのやんちゃなタイプの方が、「生きる力」は強い。

 

まず、「先生に怒られる」という体験が、社会に出てからものすごく役に立つ。

どんな職種であれ、たとえ自分に非がなくてもお客さんに謝る能力は必要だし、

上司に叱られてもへこまず毎日出社する元気は、社会人の基本。

「間違う」「怒られる」「謝る」という練習は、

何をやっても許される子どものうちにやっておくべき必須科目なのだ。

 

そう考えると、

先生の言うことをよく聞き、まじめにコツコツやっている子どもが何だかかわいそうになってくる。

「まじめ」というのは、性格なので、

「生きる力」をつけるために、不真面目になりなさい、というわけにもいかない。

 

問題は、

 

すべての子どもが安心して失敗することができる教育システムを作れるかどうか。

 

そのために、何ができるでしょうか?

 

つづく・・・

 

海住さつきの政策【教育】シリーズ バックナンバーはこちら。

海住さつきの政策【教育】(1)子どもに「生きる力を」