ブログ

松阪市の給水対策 松ヶ崎小学校には100㎥の緊急用貯水槽があることをご存知ですか?

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

2019.12.7土曜日、松阪市の松ヶ崎小学校で防災訓練が行われました。

私、海住さつきは、松阪市消防団さくら分団の団員として、

AEDを使った心肺蘇生法の講習をさせていただきました。

 

さて、今回の防災訓練では、

二つ、私にとっても初めての体験がありました。

 

一つ目は、小学校の屋上へ外階段を使って避難する訓練です。

 

まずは、施錠されているこの扉を開けるところから。

緊急の時には、

足で蹴ったり、体当たりしたりして破るのですが、

今回は訓練なので鍵を開けるのだろうと思っていたら、

本当に蹴破っていたので、驚いた!

臨場感あふれる訓練のスタートです。

外階段は、津波避難タワーの外階段と同じです。

灯りはないので、

夜は真っ暗。

懐中電灯などが必要です。

ケガをしている人や、

車いすの人は、

担架に乗ったり、

おぶってもらって上がります。

 

上は結構広い。

松ヶ崎小学校区は、

津波が来た場合、他に高い建物がないので、

とにかく小学校目指して走って、

屋上に上ってください。

柵がついていますが、

風が強いと、ちょっとこわいかも。

 

屋上に上ると、

小学校以外に、高い建物は付近にないことを実感。

とにかく、小学校に逃げてくださいということを、

訓練でしっかりお伝えすることが大切。

 

二つ目の体験は、こちら。

グラウンドの中に消火栓?

 

これは、緊急用貯水槽。

何と、松ヶ崎小学校のグラウンドの下には、

100㎥の貯水量を誇る、

緊急用貯水槽があるのです。

 

しかも、これは、飲料水。

飲めます。

松ヶ崎小学校区だけでなく、

お隣の漁師町の人たちの緊急時の飲料水になります。

 

地震があると、

この貯水槽への水が自動で止められます。

上の写真の真ん中の赤いランプがつくと、

水の流れが止まったことがわかります。

倉庫の中には、

ホースなどが収納されていて、

このホースを栓につなぎ、

手動で水をくみ上げることができます。

栓の蓋を開けるためのバールなども倉庫に収納。

消防団の人たちといっしょに、

ホースをつないで給水訓練。

 

松阪市内の小学校で、飲料水兼用耐震性町水槽があるのは3校。

松ヶ崎小学校に100㎥。

東黒部小学校に30㎥。

西黒部小学校に30㎥。

合計160㎥の貯水量で、これは、一人一日に3ℓ必要だとして、3日間分とすると、

約18、000人文をまかなうことができる量。

 

ホースをつないで給水する訓練を、

ぜひ防災訓練の時に経験していただいて、

いざという時に使えるようにしていきたいですね。

 

以上、大変勉強になった防災訓練でした。

 

海住さつき