ブログ

【ルポ】あいちトリエンナーレ2019 ② シャッター街再生のキーワードは「よそ者・若者・ばか者」

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

2019.10.11 ようやくあいちトリエンナーレ2019に行ってきました。

8月に始まった途端、中止になってしまって、

それに対して反対のスタンディングを連日する人が出たり、

その効果が出て、展示が再開されたら、

今度は河村市長を先頭に、

再開に反対する人がスタンディングをしたり、

本当に政治的な争いの渦中にあったあいちトリエンナーレですが、

実際、行ってみた感想は、

 

普通の文化イベントじゃないか!

 

どこに、問題となった展示があったのかもわからなかった。

とにかく、会場があちこちにあって、

映像やパフォーマンスがいたるところにあり、

普通の美術館の展示だと思っていくと、

想像以上に歩かなければならないので、

絶対、ハイヒール禁止ですね。

 

16万都市、松阪市民の目から見ると、

 

愛知県も名古屋市も豊田市もお金があって元気だなあ!

 

これは、単なる文化イベントではなく、

しっかり経済を回す役割を果たしているし、

こういうイベントが根付いていくことで、

持続的なまちの発展につながっているなと実感。

 

それが如実に現れていたのが、

円頓寺商店街。

昔はシャッター街と言われていたのが、

見事に再生を成し遂げた円頓寺商店街。

たしかに、

ならまちや京都のような風情があり、

古いものと新しいものがうまく調和している心地よさがあった。

 

円頓寺商店街再生のキーワードは、

 

「よそ者・若者・ばか者」。

 

新しい血を入れていかないと、

地方創生はできないということですね。

アーケード街の中にあるスーパーの前には、

自転車が所せましととめられており、

やっぱり商店街はこうでなくっちゃ!