ブログ

映画「記憶にございません」に学ぶ「しがらみ」のない政治家になる方法

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

今日は、映画「記憶にございません」を見てきました。

 

感想 : めっちゃ、おもしろい~~~~~

 

総理が記憶喪失になってしまうという設定のコメディです。

おもろいです。

政治や選挙が好きな方にはおすすめです。

 

見た直後に撮った感想動画はこちらです。

 

ネタバレにならない程度にあらすじを言うと、

総理が記憶喪失になってしまうというストーリー。

なる前はめっちゃイヤなやつだったんだけど、

記憶喪失になってからは、

まとも?になり、

普通の人間としての思いやりとか良識を取り戻し、

いい総理に生まれ変わるというお話です。

 

途中、とても印象的なフレーズがあって、

記憶を失った総理に対して、

「今までは憲政史上最悪の総理だったけど、

記憶を失った今、

すべてのしがらみから解き放たれたわけだから、

憲政史上最も自由な総理になったんだから、

好きにやりなさい」

と、恩師が言っていて、

 

しがらみの本質はこれだなあと納得。

 

過去に起こったこと、

お世話になったこと、

対立したこと、

いやがらせされたこと、

そういったもろもろのことを、

すべて忘れてしまうことで、

しがらみから解き放たれるんだなあ、と。

 

だから、

いい意味では、過去にこだわらないさっぱりした性格、

悪い意味では、お世話になったことも忘れる恩知らず、

それくらい振り切ってしまわないと、

しがらみのない政治家にはなれないんだなあ。

 

三谷幸喜さんの政見放送のパロディがまた面白い。

 

映画を見た帰り、

何か食べて帰ろうとうことになって、

またまたいつもどおり、丼を食べてしまった。

一日一丼!

 

海住さつき