ブログ

未来自治体全国大会2019 海住事務所インターン生チームは全国4位でした

こんにちは。松阪市の海住さつきです。

未来自治体全国大会2019決勝大会が、2019年3月16日行われました。

海住恒幸市議会議員事務所のインターン生チーム「松阪まもり隊」は、

東海大会優勝し、全国大会WEB予選を2位で通過、決勝大会にのぞみました。

結果 : 全国4位

 

優勝は、「恋のキューピットシティ」を訴えた仙台市の「チームエンジェルス」。

昨年の大会で、海住事務所のインターン生チーム「えねーちけー松阪放送局」が全国優勝を果たした時、

松阪木綿を来て出場したインパクトが強かったためか、

今年の全国大会は、4チーム中2チームが着物、1チームが白衣。

唯一、スーツでのぞんだチームが優勝したという結果に。

パネルディスカッションでは、厳しい質問が出ましたが、

どんなことを聞かれても、自分の言葉で説明するということが大切だということをみんな、全身で学んだと思う。

ドットジェイピーの「未来自治体」は、

議員インターンとして出会った学生が、

たった1か月の準備期間で政策をまとめ、発表するというハードスケジュール。

パワーポイントや動画など、新しいメディアを駆使して資料を作る技術も問われるし、

何よりも、問題意識を持ち、仮説をたて、リサーチして、予算を含めて政策立案するためには、

ふだんからアンテナ高く、情報収集し、困った時に、誰に教えを請えばいいのかを知っているという人脈力もモノを言うという、

まさに、政治家としての資質が問われるコンテストで、

エントリーするだけでハードルが高いですが、

終わるとものすごくやり切った感があります。

 

海住事務所のインターン生は、昨年の春、夏、そして今年と、3回連続全国大会に進みましたが、

みんな、この機会に地元を見つめなおし、いいところや問題点など、

それまで考えたことのなかった課題に向き合うことで、

自分の将来についても見つめなおすきっかけになったと思います。

 

何はともあれ、全国大会は楽しかった。

 

また、次の機会にお会いしましょう。

 

松阪市 海住さつき