ブログ

女性活躍推進サミットIN SUZUKA

こんにちは。松阪市の海住さつきです。

2018/11/3 鈴鹿市男女共同参画センターにおいて、

女性活躍推進サミット in  SUZUKA ~誰もが自分らしい未来を選べるまちをめざして~

が開催されました。

トークセッションは、三重大学の朴恵淑先生がコーディネーターで、

末松則子 鈴鹿市長

田中彩子 鈴鹿商工会議所会頭

中道公子 鈴鹿市教育長

の三人が登壇するという豪華な布陣。

 

まずは、3人それぞれのヒストリーから始まり、

それぞれの置かれた立場で何をしてきたか、何をしたいかという話に。

末松市長は、初めて選挙に出ようと思ったきっかけは、

まだ小さい子どものために薬局で買った紙おむつを両手に下げ、

ばったり会ったママ友たちと30分外で立ち話している時に、

「選挙出ようよ!私たち応援するから!」

という話になったとのこと。

 

うん、うん、わかる。

女性は、買い物帰りの立ち話で盛り上がることが多いよね。

 

「女性だから得したな~ということは、何かありますか」

との会場からの質問に、

 

「女性はおしゃれができること。国際的なレセプションだったら和服を着てみようかな、とか、今日のお客さんには、ちょっとドレスアップしてみようかな、とか、男性にはできない、TPOに合わせたおしゃれができるのが強みです」

 

とお答えになっていて、なるほど~

 

逆に、「女性だから損したな~ということはありますか」

という質問には、

 

「特にない」

 

とのお答え。

 

末松市長、今年48歳。

お肌つやつやで、めちゃくちゃ楽しそうでした。

 

海住さつき