ブログ

劇団松阪ドラマシティ第13回公演「色は匂えど冬来る」

こんにちは。松阪市の海住さつきです。

2018/10/28 松阪市産業振興センターで、劇団松阪ドラマシティ第13回公演「色は匂えど冬来る」が上演されました。

「ふるさと松阪の深まる秋、さがしてみたいもう一人のジブン」というサブタイトルにある通り、松阪を舞台に、松阪の歴史を織り込みながら、自分らしく生きようという女性二人の葛藤が描かれています。

途中で、人間が虫になったり、虫が人間になったりする場面があり、頭を切り替えないと場面の転換についていけないのだけれど、

これは、まさに「複眼思考」。

複眼思考があれば、自分を客観的にみることができるから、自分を見失って苦しむことはなくなるし、グローバリゼーションに伴い多文化共生社会が到来しても、うまくやっていけるのではないかなと。

 

松阪市 海住さつき